学校訪問支援(アウトリーチ)

今回はサポステの事業の一つであるアウトリーチについてお伝えします。

「アウトリーチ」とは、手の届きにくいところに手を伸ばすという語源があり、

サポステの事業としては、

高等学校などの教育機関への「訪問支援」という意味になります。

そもそも私たちK2インターナショナルが、サポステを運営することになったきっかけ自体が、

神奈川県内にある定時制高校への支援だったのです。

現在は横浜市立高校2校への訪問支援をさせていただいています。

今年度はさらにアウトリーチ事業に力を尽くしていきます。

すでに県内のいくつかの学校との連携が行われつつあります。

教育現場と、民間団体との連携に、ご関心、ご理解のいただける方々が

今後ますます増えて、本当にサポートを必要としている若者たちや、

そのご家族や、先生方などの支援者の方々とのつながりが、

広がっていきますように。

(※写真はすべてイメージで、実際の支援先とは関係ありません)

news一覧