公立高等学校との連携

湘南・横浜若者サポートステーションは、アウトリーチ事業という

高等学校への訪問支援をおこなっています。

毎週1回、夜の7時から10時頃まで、学校のガイダンス室をお借りし、

生徒さんとの面談や、先生方との打ち合わせなどをおこなっています。

本日は名古屋からこの事業に関心をお持ちの先生が、

視察においでになられ、あらためて、サポステと高等学校との連携の

意義、重要性や、この事業の認知度の低さなどを感じました。

「サポステ」という場所が存在する限り、必要としている方に

それが届くように、自ら発信を重ねていきたいと思っています。

news一覧